Rosemaryのあおちゃん

チャリブログ始めました

【Book】アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス)

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

 

 50年も前に出版されたアルジャーノンに花束を

知的障碍を扱った本書でしたが、高齢化社会の今、認知症と重ね合わせることで未だ色褪せない現代的な様々なテーマが読み取れ新鮮な気持ちで再読しました。

10年前?(20年前?)に読んだときは知的障害のチャーリィの文章がどうもワザとらしく感じられ(というかどこか傍観者的というか)ストーリーも予定調和な感じがしてイマイチ乗れなかったのですが、そこら辺りは今回もやはり同じく感じられてしまい。。

最近は若年アルツハイマーの方やご高齢でもBlogなどしている方も増えているのですから、こういう感情や認知機能の自分自身で発信されているリアルな記録が少しづつ増えているのではないでしょうか?

様々な発信からリアルな実態があぶり出されて、良い治療(解決)に役立つといいなと強く思います。